お茶から健康へトップページへ

Just another WordPress site

掲載されている全ての画像、文章、データの無断転用、転載をお断りします。

Copyright © お茶から健康へ All rights reserved.

Powered by WordPress version 3.8.3

お茶とは

お茶とはチャノキの葉や茎を加工して作られる飲物です。
他にも、植物や真菌類・動物に由来する加工物から作られる飲物も「茶」に分類されます。
ここでは一般的に日本で飲まれている緑茶について説明していきます。
緑茶は茶の葉から作った茶のうち、摘み取った茶葉を加熱処理して発行を防げたものです。
もしくはそれに湯を注ぎ、成分を抽出した飲料のことです。
日本では、日本茶と同じ意味で使われていることが多いです。
緑茶の製法は日本と中国で主流となっている方法がやや異なり、風味も異なります。
日本では発酵を止めるために、蒸すのに対し、中国では釜炒りを行うのが主流です。
しかし、日本国内でも佐賀県の嬉野茶や宮崎県・熊本県県境付近の青柳茶などは釜炒りの製法を行っています。
日本式の緑茶の製造は以下の工程からなっています。
生産(栽培、収穫) 、蒸熱 、粗揉 、揉捻 、中揉 、精捻、乾燥 、 篩分と切断、木茎分離。
まとめると、収穫した茶葉を蒸して揉み潰し、茶葉の型を整えつつ乾燥するという流れです。
緑茶は日本でとても人気のある飲料です。
ほとんどの飲料メーカーが手がけており、紙パック、缶、ペットボトルの緑茶飲料なども発売されています。